読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

麻薬取締局最強の特殊部隊「サボタージュ」感想と評価 オススメ映画

おすすめ作品 洋画

f:id:z2kawasaki03080116:20170102174905j:plain

引用http://cinemaisland.blog77.fc2.com/blog-entry-850.html

 麻薬取締局に所属するワルの特殊部隊を描いた、スリルとグロテクスさ満点の復讐劇!

 

目次

 

 

サボタージュ あらすじ

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170102175917j:plain

引用http://www.mundodvd.com/sabotage-con-arnold-schwarzenegger-y-sam-worthington-2014-a-100984/4/

麻薬取締局、通称DEAの中でも最強と言われる特殊部隊を率いる「ジョン・ウォートン」は、ブリーチャー(破壊屋)とも呼ばれる不屈の捜査官だった。ある日、部下8人を引き連れある麻薬カルテルのアジト制圧に成功するが、一味が隠していた1000万ドルが現場から忽然と消えてしまう。それ以降、ジョンの特殊部隊のメンバーが一人、また一人と何者かに殺されていく。ジョンへ恨みを持つ麻薬組織の仕業か、それともチーム内の誰かによるものなのか、犯人の目的が見えないままメンバーたちは疑心暗鬼に陥る。ジェンと地元の女性刑事は捜査に当たるが、さらなる以上事態が彼らを待ち構えていた…。

 

作品情報

 

公開  2014年

 

監督  デヴィッド・エアー

 

キャスト

アーノルド・シュワルツェネッガーサム・ワーシントンジョー・マンガニエロジョシュ・ホロウェイ、テンレス・ハワード、マックス・マティーニ、ケヴィン・ヴァンス、マーク・シュレーゲル、ネッド・ユセフ、ミレイユ・イーノス、マーティン・ノドヴァン、オリヴィア・ウィリアムズ、ハロルド・べリノー、キャサリン・ダイアー、パトリック・ジョンソン

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

映画の感想

 

犯人が誰だかわからないドキドキ感と、敵のアジトに潜入するハラハラ感が面白い作品でした。事件現場のシーンなどで、グロテスクな映像が映像が含まれているので苦手な方は本当に苦手な映像だと思いますが、ストーリーは刺激的な内容でした。

この映画を見ていたらPS4の「レインボー・シックスシージ」がやりたくなりました。

 

評価 ★★★

 

◯刺激的な内容の作品だった。

アーノルド・シュワルツェネッガーの格好良さが光る作品だった。

◯他にない要素を含んだよい作品だった。

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

ss4696cinema.hatenablog.com