読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

怖くないけど、面白い「ゾンビランド」感想と評価 おすすめ映画

目次

 

 

ゾンビランド あらすじ

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170101120912j:plain

引用http://eigacut.at.webry.info/201009/index.html

新型ウィルスの爆発感染によって、人類の大半が人喰いゾンビとなってしまった世界。大学生の「コロンバス」テキサス州ガーランドでも数少ない生き残りの一人だった。臆病で胃腸が弱く、引きこもりでネットおたく、当然童貞の彼は「生き残るための32のルール」を作り、慎重に実践して生き延びてきたのだ。そんな彼が両親の住むコロンバス州オハイオへと向かう旅の途中、屈強な腕力と抜群の射撃テクニックを持つ男、タラハシーと出会い、彼の車に同乗させてもらう。タラハシーは過去の辛い経験からゾンビたちを心底恨み、ゾンビを退治することを楽しんでいた。二人が廃墟と化したスーパーで迫り来るゾンビたちを倒していると、「ウィチタ」リトルロックという詐欺師姉妹が現れる。彼女たちは、コロンバスとタラハシーを騙して彼らの武器と車を奪い逃走するが、やがて安全のためにお互いの必要性を感じ、行動を共にすることになる。

 

作品情報

 

公開  2009年

 

監督  ルーベン・フライジャー

 

キャスト

ウディ・ハレルソンジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・プレスリンエマ・ストーンアンバー・ハードビル・マーレイ、マイク・ホワイト

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

感想

 

今までにないタイプのゾンビ映画で、ゾンビ映画と言ってもハラハラ、ドキドキ感はなく、登場人物の人間関係が楽しめる作品でした。ストーリーの進め方が変わっていて普通の会話がありながら、途中途中でナレーションのようなものが入ってきて楽しめる作品でした。

 

評価

 

◯楽しめるゾンビ映画だった。

◯気持ち悪さがあるもののホラーが苦手な方でも楽しめる作品だった。

◯人間関係を楽しめる作品だった。

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

ss4696cinema.hatenablog.com