読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

可愛くて笑える映画「猫侍・南の島へ行く」あらすじ・感想と評価 可愛っ!

f:id:z2kawasaki03080116:20170206182104p:plain

 

江戸時代を舞台に、かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人と一匹の白猫の交流を描く。

劇場版作品の第2作目 

 

前作の「猫侍」はこちら

ss4696cinema.hatenablog.com

 

目次

 

 

猫侍・南の島へいく あらすじ

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170206183636p:plain

 

無双一刀流免許皆伝の腕前で「まだら鬼」の異名を持つ剣豪だった「斑目久太郎」は、江戸での仕官が叶わず、今は故郷の加賀藩で姑の「タエ」の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送っている。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170206191126p:plain

 

そんなある日、タエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170206191416p:plain

 

単身赴任に気乗りしないながらも、久太郎は愛猫「玉之丞」を連れて土佐へと旅立つが、船着場を目前にして謎の忍者に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行きの船が行ってしまう。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170206192214p:plain

 

実は、久太郎と妻「お静」の離縁を目論むタエが、忍者と裏で手を引いていたのだった。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170206192459p:plain

 

それでもなんとか小舟に乗り込み土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えながらも島を発見。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170206192706p:plain

 

だが四国だ、土佐だと喜んだのもつかの間、それは島ではなく巨大なクジラだった…。

 

作品情報

 

上映時間 85分

 

公開 2015年

 

監督 渡辺武

 

キャスト

北村一輝、LiLiCo、高山善廣、木下ほうか、酒井敏也緋田康人木野花横山めぐみ

 

感想 ストーリーよりも設定が面白い!

 

前作同様、玉之丞に癒されて久太郎がとっても笑える良い作品でした!ストーリーよりも久太郎のキャラクター設定だったり、漂着した島の民族の中で、時々「松崎しげる」が登場したり細かなところが面白い作品でした。オススメの方が作品です!

 

評価 ★★★★

 

◯細かなところが笑える作品だった。

◯猫が可愛い!癒された。

◯ストーリーは悪い訳ではないが、定番な感じの良さだった。

 

猫侍のドラマ2作・映画2作をまとめてみるならdTV! 

 【玉之丞・たまのじょう】

f:id:z2kawasaki03080116:20170206201759p:plain

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

猫侍 主題歌

 

youtu.be

 

予告動画

 

youtu.be

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

ss4696cinema.hatenablog.com