読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

何かと行き詰まった時に、実話の物語「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」おすすめ映画

目次

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン あらすじ…

 

         f:id:z2kawasaki03080116:20161210233303j:plain

引用http://www.memories-of-movie.com/洋画/catch_me_if_you_can

「できるものなら捕まえてみろ!」

1963年、ニューヨーク州ブロンクスヴィル。16歳の「フランク・アルバグネイル・ジュニア」は、両親の離婚のショックから家を飛び出し、生きるために小切手詐欺を思いつく。だが、偽造小切手は怪しまれやすい。そこでパイロットの制服を手に入れた彼は、人々をあざむきつつ、提携する航空会社の飛行機で世界中を飛び回る。やがて、FBIが動き始める。ベテラン捜査官の「カール・ハンラティ」は躍起になって犯人を追うが、なかなか正体を掴めずにいた…。

 

作品情報

 

公開  2002年

 

監督  スティーブン・スピルバーグ

 

キャスト  レオナルド・ディカプリオトム・ハンクスクリストファー・ウォーケンマーティン・シーン、フィル・パーメット、エイミー・アダムスジェニファー・ガーナー・秋山大学

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

感想

 

必死に生きるフランクに活力をもらえる作品でした。犯罪を犯していることに変わりはないけれど、フランクが家族を思う気持ちがとっても伝わって、不思議と暖かい気持ちになりました。

実話を元に描かれた作品ならでわの良さがありました。

お金絡みの映画にはレオナルド・ディカプリオ「ウルフ・オブ・ウォール・ストリートなど、よく似合うと思いました…。

 

現在のフランクは…

 

現在のフランクは結婚していて、息子が3人、中西部で平和に暮らしながらFBIに協力して、国際手配を受けた悪質な偽造犯の逮捕に貢献。銀行詐欺と偽造の摘発の権威とされている。また、彼は偽造防止小切手を考案現在、銀行や大企業が毎日使用しており、代価として年間数百万ドルを彼に支払っている。

フランクとカールは今での中の良い友達である。

 

評価

 

暖かさを感じる良いストーリーだった。

豪華キャストで、他では務まらないはまり役でした。

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

ss4696cinema.hatenablog.com