読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

ヒューマンドラマのオススメ映画「ターミナル」感想、評価

目次

 

 

ターミナル あらすじ

        f:id:z2kawasaki03080116:20161130180503j:plain

東ヨーロッパのクラコウジアからやってきたヴィクター・ナヴォルスキー(トム・ハンクス)は、ニュウヨークのJFK国際空港に降り立つ、しかし、祖国クラコウジアでクーデターが起こり、パスポートが使えなくなってしまう。アメリカへ入国することができなくなってしまったヴィクター・ナヴォルスキーは、帰国も入国もできなくなった彼は仕方なく空港のターミナル内で生活を始める。言葉の通じない環境で四苦八苦しながらも、徐々に空港での生活の方法を習得していく。そんな中でヴィクターは、既婚男性と不倫中の恋に悩んでいるキャビン・アテンダントのアメリア(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)に恋心を抱くようになる…。

 

作品情報

 

●公開  2004年/アメリカ

 

●監督  スティーブン・スピルバーグ

 

●キャスト  トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ、チィ・マクブライド、ディエゴ・ルナ、クマール・パラーナ、ゾーイ・サルダナ

 

感想

 

とっても暖かい内容の作品でした。亡き父との約束を守るために最悪な状況の中でも、いくらでも待ち続けヴィクター・ナヴォルスキーの人の良さに暖かさを感じました。休日や疲れている時にゆっくり見たい、良い映画でした。

 

評価

 

・アメリカならでわの暖かさが感じられるストーリーの良い映画だった。

・笑える面白い要素も含まれており楽しめた。

・次の展開が気になるストーリー構成だった。

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

ss4696cinema.hatenablog.com