読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

オススメ!SFサスペンス映画「トランセンデンス」の評価と感想、予告動画、意味

目次

 

意味

 

・トランセンデンスとは…映画の中で使われる言葉で、人工知能が人間の知能を超えることを意味します。

 

あらすじ

f:id:z2kawasaki03080116:20161127181454j:plain

 

人口知能が人間の人口知能を超える現象「トランセンデンス」を研究開発する科学者ウィル(ジョニー・デップ)は、ある日、反テクノロジーの過激派組織の襲撃に遭い凶弾に倒れてしまう。死の間際、妻のエヴリン(レベッカ・ホール)はウィルの頭脳をスーパーコンピューターへ、インストールする。それによって自我を持った超人口知能を誕生させてしまう。ウィルの意識は、スーパーコンピューターの中で生かされネットワークの力により軍事機密、金融、政治、防犯カメラなど地球上のすべての情報を思いのままに操作することができるようにになる。やがて、超高速処理能力で科学反応を起こしながら、人間の想像を遥かに超える進化を始めるのだった…

 

作品情報

 

f:id:z2kawasaki03080116:20161127175553p:plain

 

・公開  2014年/アメリカ

 

・監督  ウォーリー・フィスター

 

・キャスト  ジョニー・デップモーガン・フリーマンレベッカ・ホールケイト・マーラキリアン・マーフィー、コール・ハウザー、ボール・ベタニー、クリフトン・コリンズ・JR、コリー・ハードリクト、フォーク・ヘンチェル、ジョシュ・スチュワート、ルース・レインズ

 

予告動画

 

youtu.be

 

感想

 

上映30分で感動してしまいました。それと同時に切なさと恐怖感が伝わってきて、これまで見た映画の中で一番複雑な思いになりました。最愛の人を亡くしてしまう悲しみと、テクノロジーによって人工知能として蘇る喜びの中にある、触れることのできない切なさと恐怖が表現されていて、人間としての大切さが感じられる奥深い作品でした。

 

評価

 

人類の遠くない未来が想像できる内容で、ストーリーが奥深く日本にはないSFサスペンス感がとても良かった。

他の人口知能が登場する映画とは違う面白さがあった。

アクション系が好みの方には物足りないと思いますが、サスペンスやシリアスな感じが好みの方にはおすすです!

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com