読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

ウォルトディズニー110周年記念作品「ジョン・カーター」あらすじ・感想と評価

f:id:z2kawasaki03080116:20170321155255p:plain

 

ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品

 

家族を失い、人生に絶望していた大富豪「ジョン・カーター」が、未知の惑星で壮大な冒険を繰り広げる!!

 

記事の最後に、人気映画の最新情報あり!!

 

オススメ記事⬇︎  

ss4696cinema.hatenablog.com

 

目次

 

 

ジョン・カーター あらすじ

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170321160251p:plain

 

19世紀後半。愛する妻と娘を失って以来、心を閉ざしてきた大富豪ジョン・カーターは、不思議な現象に遭遇し、未知の惑星バルスーム」にたどり着く。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170321160657p:plain

 

そこは、地球を凌駕する文明を持ちながらも、全宇宙の支配を目論む「マタイ・シャン」によって滅亡の危機に瀕していた。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170321160938p:plain

 

地球との重力差によって、超人的なパワーを発揮したジョン・カーターは、ヘリウム王国の王女「デジャー・ソリス」と出会い、共にマタイ・シャンの野望に立ち向かうことを決意する…。

 

作品情報

 

上映時間 133分

 

公開 2012年

 

監督 アンドリュー・スタントン

 

キャスト

テイラー・キッチュリン・コリンズサマンサ・モートンマーク・ストロング、キーラン・ハインズ、ドミニク・ウェストジェームズ・ピュアフォイウィレム・デフォーダリル・サバラトーマス・ヘイデン・チャーチポリー・ウォーカー

 

感想 夢のある映画だった!最後が気になる…。

 

ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品ということが気になったので観てみる事にしました。宇宙人は存在すると信じている私からしたら、こんな星が宇宙にあるんじゃないかと、夢のある作品だった。

 

ストーリーは主に地球と火星がメインで、現在の地球情勢を風刺している様な作品でした。

 

作品中で「人口が増え、社会が分裂し、戦争が広がる」というセリフがあり、近い将来そうならないことを願いたいです…。

 

評価 ★★★

 

◯団結して立ち向かう場面が爽快だった。

◯惑星間の物語で夢があった。

◯赤字と言われている様ですが、個人的には面白かった!

 

管理人のオススメ映画はこちら⬇︎ 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

 

最後が気になる…。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170321164402p:plain

 

映画の最後に現れるこのマークがどんな意味なのか気になる…。

 

予告動画

 

youtu.be

 

 

2017年公開される人気映画の続編情報!!

 

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

 

日本公開日 2017年7月1日

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

ワイルド・スピード アイスブレイク

 

公開日 2017年4月28日

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

 

 最後までご覧いただきありがとうございました。よろしければ他の記事もご覧下さい。