読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

菅田将暉主演!コメディ映画「明烏」あらすじ・感想と評価

f:id:z2kawasaki03080116:20170313110018p:plain

 

明烏「品川心中」などの古典落語をベースに、借金返済に追われるホストと頼りにならない仲間たちの12時間を描くコメディ!!

 

勇者ヨシヒコでお馴染みの「ムロツヨシ」「佐藤二朗」も出演!

 

オススメのコメディ映画はこちら 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

目次

 

 

明烏 あらすじ

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170313111256p:plain

 

品川でひっそりと営業しているホストクラブ「明烏。借金の返済期限が迫る中、指名最下位のホスト「ナオキ」は、返済金1000万円を用意できた事を祝って同僚たちと宴会を開いていた。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170313111737p:plain

 

だが翌日の夕方、ナオキが目をさますと1000万円がどこにもない。店の同僚に聞いても誰もそんな金を見てないと言う。どうやら1000万円は夢だったらしい。

 

f:id:z2kawasaki03080116:20170313112058p:plain

 

金を用意できなければ東京湾の底に沈められてしまう運命のナオキは、人気抜群のホスト「アオイ」ら同僚ホストたちや、金の払えない女性客の「明子」、さらには博多から上京してきたナオキの父「五郎」まで巻き込みながら、借金取りの「山崎」に追い込まれていく!

 

作品情報

 

上映時間 106分

 

公開 2015年

 

監督 福田雄一

 

キャスト

菅田将暉城田優若葉竜也吉岡里帆柿澤勇人松下優也新井浩文ムロツヨシ佐藤二朗

 

感想 元気がもらえて、大事な事を再確認できる。

 

作品中で登場する場所は「店」「店の事務所」「店の裏」の三つの場所でしか描かれていないのにずっと笑っていられる作品でした。勇者ヨシヒコに少し似ている作品なので勇者ヨシヒコが好きな方は絶対楽しめると思います!また、コメディ映画なのにお金について大事なことを再確認できたような気がします。

 

評価 ★★★

 

◯比較的に短い映画でも沢山笑える作品だった。

◯狭い場所で多くの笑いがあり、良い作品だった。

◯自分にも同じことがあったら、考え方が変わると思った。

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

ss4696cinema.hatenablog.com