読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロシネマ

年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介

北斗の拳に似てる!?文明崩壊後のアメリカ「ザ・ウォーカー」感想・評価おすすめ映画

目次

 

 

ザ・ウォーカー あらすじ

 

f:id:z2kawasaki03080116:20161217152953j:plain

引用http://heartattack507.blog84.fc2.com/blog-entry-2040.html

戦争によって文明が崩壊したアメリカ大陸「ウォーカー」と呼ばれる男が、広大な大陸を一人歩き続けていた。バックパックには護身用の短剣ショットガン、そして世界に一冊だけ残されたある「本」を携えて。皮の表紙で覆われ、鍵のかかった分厚いその本に触れようとするものは、全てウォーカーの手にかかって命を落としていく。だが彼自身、その本を誰に、何のために届けるのか、一切の理由も目的も知らずに30年間、ただひたすら西へ向かって歩いていた。

 

作品情報

 

公開  2010年

 

監督  アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ

 

キャスト  デンゼル・ワシントンゲイリー・オールドマンミラ・クニスレイ・スティーヴンソンジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボントム・ウェイツ

 

ss4696cinema.hatenablog.com

 

 

感想

 

北斗の拳に似た世界観の作品でした。戦争によって文明が崩壊した後の物語で、資源の枯渇により奪い合いが始まり、物と物の物々交換で取引が行われている感じの世界感でした。また、この作品は全体的に明るい色が使われているセットが少なく、それによってより荒廃した世界をがリアルに表現されていました。中々珍しい作品だと感じました。

 

                f:id:z2kawasaki03080116:20161217161802j:plain

引用http://movies.yahoo.co.jp/movie/ザ・ウォーカー/335900/story/

 

評価

 

色味が少なく世界観がブレることなく再現されていた。

かつてない感じの物語で楽しめる作品。

 

 

ss4696cinema.hatenablog.com

ss4696cinema.hatenablog.com